天ぷらひろみ【鎌倉/小町通り/和食・天ぷら/天ぷら専門店/ランチ】

鎌倉・小町通り(和食/天ぷら)-天ぷらひろみ-

天ぷらひろみ

天ぷらひろみホームページへお越しいただきありがとう御座います

創業昭和33年(1958年)鎌倉小町通りにある天ぷら専門店でございます。
鎌倉文士の方々や地元の方々に愛された初代の味を、天ぷら一筋30年の二代目店主が
しっかりと引き継いでおります。
鎌倉で育まれた“鎌倉の天ぷら”を是非ご賞味下さい。

季節順応/山海新鮮/包丁鍛錬
四季の変化に応じた食材を魚は東京湾・相模湾を中心に
全国各地の旬の食材を厳選して使用しております。
“包丁の先に目を持て”と言われ一枚一枚、丁寧に仕込んでまいります。

野菜は地元鎌倉や横浜の野菜のほか、自社菜園で栽培した野菜などもお召し上がりいただけます。
【横浜市田谷にて野菜作ってます!畑情報はこちらから】

延席瀟洒/接遇親懇
『ご旅行の目的・大切な方の記念日・ご家族とのご会食』など様々な用途でご愛顧いただいております。

お待ち合わせのご案内

■当店のお待ち合わせ室は店内にございますので、階段等でお待たせすることは御座いません。
混雑時には店内にてお名前を伺っております。階段に並ばずに店内までお進みいただきますよう
お願い申し上げます。

更新情報・お知らせ

2018/08/03
【営業日のお知らせ】8月17日(金)まで休まず営業いたします!
[8月8(水)・15日(水)通常通り営業いたします]NEW
2018/07/31
いよいよ8月1日より“伊勢海老”が解禁となります!ご予約受付中です
2018/07/31
《月替わりランチ¥3800/葉月《車海老・白身魚・※季節のお品》
+《かきあげ》※仕入れの状況で内容が変わります
2018/03/24
【稚鮎】の入荷が始まりました
2018/03/15
【ほたるいか】の入荷が始まりました
2017/01/15
【しらうお】の入荷が始まりました
2017/01/02
【明けましておめでとうございます!】
今年もどうぞ よろしくお願いいたします。
2017/10/01
【牡蠣】の入荷が始まりました
2017/09/22
【落ち鮎(子持ち鮎)】の入荷が始まりました
2017/09/01
【新イカ】の入荷が始まりました
2017/08/01
【伊勢海老】の入荷が始まりました
2017/07/08
【BS11 開局10周年特別番組】
白洲信哉「日本をみる眼」~鎌倉文士が愛した名店と名刹~
内で紹介していただきました。
2017/06/01
《子持ちシャコ》の入荷が始まりました
2017/05/12
《出羽桜 三年熟成大古酒 枯山水》を新入荷いたしました
2017/05/06
《ぎんぽ》の入荷が始まりました
2017/03/10
《ホタルイカ》の入荷が始まりました
2017/02/03
《宍道湖産・しらうお》の入荷が始まりました
2016/01/20
【定休日のお知らせ】
2012年より市場の休場日に伴い、月曜定休から【水曜定休】に変更しております。
2016/09/01
《新いか(すみいか)》の入荷が始まりました
2016/08/20
ランチメニュー【日和】はじめました
2016/07/29
《伊勢海老》8月1日より解禁いたします。
2016/05/27
《ぎんぽ》の入荷が始まりました
2016/05/19
テレビ東京「和風総本家」にて紹介していただきました
2016/05/01
目の眼・6月号』『散歩の達人・5月号』に掲載していただきました
2016/04/09
《稚鮎・白エビ》の入荷が始まりました
2016/04/01
【4月1日より"段葛竣功記念メニュー『葛』"を始めました】
2016/02/26
《しらうお》の入荷が始まりました
2016/01/21
ホームページリニューアル
2016/01/16
《わかさぎ》の入荷が始まりました
2015/11/17
“JAL CARD特約店”になりました
2015/10/01
牡蠣の入荷が始まりました
2015/08/22
8月22日“伊勢海老”食味会を開催致しました

/////鎌倉・8月花暦/行事予定など/////
フヨウ(英勝寺)・サルスベリ(浄妙寺)
キキョウ(海蔵寺)・ハス(浄智寺)
[ぼんぼり祭/鶴岡八幡宮/8月6日~9日][鎖大師御開帳/青蓮寺(手広)/8月16日]
[閻魔縁日/円応寺/8月16日][かまくら長谷の灯かり/鎌倉文学館など/8月20日~26日]

創業当時の店 天ぷらひろみ/天丼 鎌倉/小町通り/宴会 コモレバ 8月1日/伊勢海老解禁 逗子市/聖マリア小学校

17:00~18:00までの
カウンターコース【楓】
少し早めのお時間からゆったりと
天ぷらをお召し上がり下さい。
大切な記念日やお友達とのご会食などにご利用下さいませ。
《ご予約を頂けると幸いです》

↑ PAGE TOP