小林丼/小津丼のページはこちらです

和食

こだわりの天丼《小林丼》【かきあげ・穴子・白身魚・赤だし・漬物】¥3,800

小林秀雄【文芸評論家】

お昼は奥様との散歩の途中などに。夜はゴルフの帰りなどによくおいでになりました。
お昼は決まって天丼をご注文され「かきあげ・穴子・メゴチ」だけがのっている先生好みのものを
召し上がっておられました。この天丼がいつしか編集者の方々やファンの方々の間で『小林丼』
と呼ばれるようになりました。ですが、近年メゴチの漁獲量が減りキスなどで代用せざるおえない
状況となっております。ご容赦ご理解のほど宜しくお願い致します。

おすすめの天丼《小津丼》【かきあげ・車海老・白身魚・野菜・赤だし・漬物】¥3,800

小津安二郎【映画監督】

松竹の方々とよくおいでになりました。夜、お一人でみえたときは天丼をご注文され“丼つゆ”のしみた
天ぷらをつまみに持てないくらいの熱燗を10本ほど飲みながら先代や先代の女将と話をすることが
お好きだったようです。最後の“しめ”に“丼つゆ”の染みたご飯を召し上がっていかれました。

↑ PAGE TOP